イオンゴールドカードの限定特典を紹介!どんなメリットがあるのか?

イオンゴールド0508

イオンゴールドカードは、イオンカード会員で一定の条件を満たした方のみが取得できるクレジットカードです。イオンカードでも十分すぎるほど、お得な特典が満載なのですが、今回はイオンゴールド限定の特典やメリットについてご紹介します。


スポンサーリンク


イオンゴールドカード限定特典

通常のイオンカードでもお得なポイントプログラムや電子マネー対応、特定日によるお買い物割引や映画鑑賞割引など様々な特典が用意されているのですが、イオンゴールドカードにランクアップすることによって、さらに特典が追加されます。


ポイントプログラムなどイオンカードとの共通特典は、こちらの記事を参考にして下さい。

【関連】イオンカードはお得な特典が満載!さらにゴールド会員になると…


旅行傷害保険

海外旅行傷害保険<自動付帯>

海外旅行中のケガや病気になった場合に保険金が支払われます。

カード利用の有無にかかわらず、1回の旅行につき最長1ヵ月間補償してもらえます。


補償内容(支払限度額)
イオンゴールドカード海外旅行保険

※携行品損害は、1事故につき自己負担額3,000円



国内旅行傷害保険<利用付帯>

国内旅行中のケガや病気になった場合に保険金が支払われます。

ただし、イオンゴールドカードの利用が必要です。


補償内容(支払限度額)
イオンゴールドカード国内旅行保険



これらの旅行傷害保険はノーマルのイオンカードでは付いていません。

イオンゴールカードのみの限定特典です。


年会費が無料の一般カードでも海外旅行保険が付帯しているものもありますが、そう多くはありませんし、国内旅行保険も付帯しているものはほとんどありません。

国内旅行保険は利用付帯となるのでイオンゴールドカードで旅行や宿泊施設の代金を支払う必要がありますが、他の年会費が有料のゴールドカードでも国内は利用付帯というのが一般的です。


補償内容を見ても年会費が無料のクレジットカードの中では支払限度額も高額の部類ですし、何と言っても傷害や疾病による治療費用も付帯していることが重要なポイントです。


傷害による死亡や後遺障害の限度額は、持っているクレジットカードの中で一番大きい金額のものが適用されるのですが、それ以外の傷害や疾病による治療費、携行品損害などはクレジットカードを複数持っている場合は加算されます。


海外旅行で死亡するケースよりケガや病気になることの方が可能性としては多いと思います。

ケガや病気の治療費で100万も200万も必要ないと思われるかもしれませんが、海外で医者にかかるとめちゃくちゃ高いです。

地域にもよりますが2~3日入院となると100万円~200万円でも足らなくなってきます。

ゆえにクレジットカードの海外旅行保険で傷害や疾病の治療費も付帯しているのかは重要なポイントなのです。


イオンカードからイオンゴールドカードにランクアップさせると限定特典として、これらの旅行傷害保険が無料で付帯するのは大きなメリットと言えます。



ショッピングセーフティ保険

国内、海外を問わずにイオンゴールドカードで購入した商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故(破損、火災、盗難)により損害を受けた場合、購入日から180日間、年間300万円までの補償があります。


ノーマルのイオンカードでもショッピングセーフティ保険は特典として付帯されているのですが、年間補償限度額が50万円までなので、かなりの補償額アップとなります。

また、年会費が無料の一般ランクのクレジットカードでは年間100万円までが多いなか、年間300万円までの補償は、さすがゴールドカードとうたっているだけのことはあります。

この年間300万円の補償限度額は、私が過去に保有していたカードも含め比較してみると年会費が10,000円(税別)のJCBゴールドカードや年会費が20,000円(税別)のMUFGプラチナアメックス同額の内容です。

それと対象期間が購入日から180日間というのは、アメックスやダイナースのプラチナカードよりも優秀。ショッピング保険が適用できる期間は、90日間というのが一般的なのです。


高額なものを現金で購入して盗難にあったとしても、お金は返ってこないですがカードで払っていれば補償してもらえるので、補償限度額は多いほどいいですよね。

これも大きなメリットです。



イオンラウンジサービス

イオンゴールドカード会員なら全国のイオンラウンジが利用できます。

イオンラウンジ01

イオンラウンジ02

イオンラウンジ03



イオンゴールドカード1枚で本人を含めて最大4名まで利用が可能です。

家族カードでもOKですので、合わせて利用すれば5人以上の家族でも大丈夫ですよ。


私の最寄りのイオンラウンジ内の画像ですが、ご参考にどうぞ!

【関連】イオンラウンジを初めて利用しました!


結構混んでる時もありますが、タダで飲み物が飲めるだけでも十分にありがたいです。

ノーマルのイオンカードでは入れませんのでイオンゴールドカードだけの限定特典です。



羽田空港エアポートラウンジサービス

イオンゴールドカード会員なら限定特典として羽田空港のラウンジサービスが利用できます。

羽田空港ラウンジ0


羽田空港第一旅客ターミナル内
羽田空港ラウンジ1

羽田空港ラウンジ2

羽田空港ラウンジ3



羽田空港第二旅客ターミナル内
羽田空港ラウンジ4

羽田空港ラウンジ5

羽田空港ラウンジ6


空港ラウンジを無料で利用できるサービスはゴールドカード以上の主要サービスの1つですが、羽田空港のみとはいえ、年会費が無料のクレジットカードで利用できるということは完全無料で利用できることになり、かなりのメリットです。

通常、空港ラウンジを利用するにはゴールドカードなどを持っていなければ利用料金として1,000円くらい掛かるのが普通です。



以上、イオンゴールドカードの限定特典やメリットについて紹介させてもらいましたが、年会費が無料でもサービス内容に手抜きがなく、魅力あるサービスが満載であることが、お分かり頂けたかと思います。

何と言っても年会費が無料なのですから、お得でしかありません。

他のクレジットカードを持っていたとしても、1枚持っておいて全く損のないカードです。


イオンゴールドカードはイオンカード会員で一定の基準を満たした方だけに発行される招待制のゴールドカードですので、まずはイオンカードの取得が必要です。

>>イオンカード(WAON一体型)



イオンゴールドカードの取得方法条件などの詳細はこちらの記事を参考にして下さい。

【関連】イオンゴールドカードを最短で取得する方法


スポンサーリンク


[最終更新日]:2017年4月29日

このページの先頭へ