イオンゴールドカード海外旅行傷害保険の請求方法と必要な書類

病院

イオンゴールドカードには、無料で海外・国内の旅行傷害保険が付帯されています。でも、特に海外旅行中に病気やケガをして、いざ保険を利用する場合に、どうすればいいのか分かりにくいですよね。今回は、保険金の請求方法や必要な書類についてまとめてみました。


スポンサーリンク



旅行傷害保険の補償内容

イオンゴールドカードの旅行傷害保険について、補償内容を確認しておきます。

≫海外旅行傷害保険

イオンゴールドカード海外旅行保険

※ 携行品損害は、1事故につき免責金額3,000円


≫国内旅行傷害保険

イオンゴールドカード国内旅行保険


海外旅行傷害保険は自動付帯なので、カードで何かの支払いをする必要もありません。カードを持っているというだけで、一回の旅行につき最長30日まで補償してくれます。

いちばん対象になりそうなのは、やはり傷害や疾病による治療費用ですね。旅行中に事故にあってケガをしたり、何かの病気になってしまう場合。

私も家族で海外旅行へ行ったときに、娘がインフルエンザを発症し、現地の病院にお世話になった経験があります。



保険金の請求方法

海外旅行で病気やケガをした場合、治療費に対する保険金を請求したい。どこに連絡すればよいのか?よくわからない海外だけに心配な点がいくつかありますよね。


・現地の病院にかかったら領収書だけあればいいのか

・病院に行く前に連絡が必要なのか

・保険金の請求は帰国後になるのか

・現地で治療費を払わないといけないのか

・保険金の請求に必要な書類は何か



まずは、旅行先にイオンワールドデスクがあるのか確認してください。

トラブル・緊急時・アシスタントサービスもおこなっていますので、用件を伝えれば対応してくれます。海外で日本語でのやりとりができる案内所があれば気持ちがだいぶ楽なはずです。


カードの付帯保険を請求したい場合は、「AD海外あんしんダイヤル」に電話連絡をします。イオンゴールドカード会員なら、24時間無料で利用が可能です。

AD海外あんしんダイヤルでは、次のようなサービスを提供しています。


≫緊急医療アシスタントサービス

海外で病気やケガをしたときに電話をすれば、現地の医師と連絡を取り合ってくれます。

適切な治療を受けられるようにサポートしてくれたり、病院の紹介、現地への医薬品送付など、あなたに代わって必要なやりとりを対応してくれるので安心です。

また、治療費、輸送費等を立替払い(または支払保証)してくれるので、「先にお金を払わないといけないのか?」という心配もありません。


≫保険に関するサービス

現地または帰国後に、保険金を請求する場合の手続き案内および保険会社への取り次ぎ、保険事故解決のための手続き案内など。


AD海外あんしんダイヤル1
AD海外あんしんダイヤル2
AD海外あんしんダイヤル3


海外旅行中に病気やケガなどをして、現地の医者にかかるようなことが起こった場合は、AD海外あんしんダイヤルに連絡をすれば大丈夫です。

保険金の請求方法だけでなく、言葉が通じるのか心配な、現地の病院とのやりとりもサポートしてくれます。



保険金の請求に必要な書類

AD海外あんしんダイヤルへ連絡をすれば、保険金の請求に必要な書類も指示してくれますが、実際には次のようなものがあります。

イオンゴールドカード保険金請求書類一覧
イオンゴールドカード保険金請求書類一覧2


注意してほしいのは、帰国後に請求する場合には「現地でしか手配できない書類」を忘れずに入手しておくことです。

具体的には、医師の診断書、治療費の明細および領収書など。



海外での医療費は、ビックリするくらい高いです。入院や手術なんてしたら、すぐに数百万円単位になってきます。自腹ではとても払える額ではありません。

ですから、多くの場合は海外旅行保険に別途加入してると思います。でもクレジットカードの付帯保険も利用したほうが、必ずメリットがありますので、イオンゴールドカードを持っていくのを忘れないでくださいね。


スポンサーリンク


[最終更新日]:2017年5月5日

このページの先頭へ