WAONカードよりイオンゴールドカードを目指した方が絶対お得という話

イオンゴールドカード

電子マネーWAON(ワオン)を利用するために、WAONカードを作ろうと考えているなら、ちょっと待ってください!

イオンカード(WAON一体型)というお得なカードがありますから。

さらにイオンゴールドカードの取得を目指せば、さまざまな特典も無料で付いてくるし、メリットが多いですよ。


スポンサーリンク



なぜイオンカード(WAON一体型)がお得なのか?

WAONカード

電子マネーWAONを利用するには、通常はこのWAONカードを作ることになります。

チャージ(入金)しておけば、カードを電子端末にかざすだけで支払いが完了し、おまけにWAONポイントも貯まるお得なカードです。


電子マネーWAONで支払うと200円ごとに1WAONポイントが貯まります。

WAONポイント

  • 発行手数料:300円
  • 年会費:無料


  • 一方、イオンカード(WAON一体型)は、WAON機能が備わったクレジットカードです。

    イオンカード


    基本はクレジットカードなので、カードで支払うことにより、さまざまな特典やメリットがあります。

  • イオングループ対象店舗でポイント2倍
  • ショッピングセーフティ保険
  • イオンシネマの映画鑑賞割引

  • …など


    当然、WAON機能が備わっているので、WAONカードと同様にチャージすれば電子マネーWAONで支払うことも可能です。

    この場合、ポイントはWAONポイントが付与されます。

    ※クレジット払いの場合は、ときめきポイント


    クレジット払いで貯まる、ときめきポイントもWAONポイントへ交換も可能なので、イオンカード(WAON一体型)を持っていればWAONカードは必要ありません。



    イオンカード(WAON一体型)のメリット

    ■発行手数料がかからない

    イオンカード(WAON一体型)は、年会費が無料で発行手数料もかかりません。

    対して、WAONカードだと年会費は同じ無料でも、発行手数料が300円かかってしまいます。

    たかが300円くらいですが、WAONポイントで換算すると6万円分の買い物をしないと元が取れません。

    ※ただし、携帯アプリのモバイルWAONの場合なら、発行手数料は無料です。



    ■オートチャージが可能

    WAONチャージャー

    電子マネーWAONを利用するには、必ずチャージ(入金)が必要です。

    WAONカードだと現金チャージしかできないので、現金を用意して「WAON加盟店のレジ」「WAONチャージャー」「イオン銀行ATM」などへ行かないといけません。これがかなり面倒くさいです。

    イオンカード(WAON一体型)だと、クレジットカードと紐付いているので、専用端末が設置されている場所へ行ったとしても現金は必要なく、クレジットチャージができます。

    さらに、オートチャージ機能を利用すれば、WAONの残高が少なくなると、設定した金額が自動でチャージされるので、専用端末へ行く手間も省けて便利です。



    ■イオンカードセレクトならポイント2重どり

    イオンカードセレクト

    イオンカードセレクトとは、イオン銀行が発行するクレジットカードで、キャッシュカード、クレジットカード、電子マネーWAONが一体になっているカードです。

    発行条件としてイオン銀行の口座開設が必要です。

    イオンカードセレクトのWAON機能の特権として、オートチャージでもWAONポイントが付きます。

    通常は、電子マネーWAONで支払った時に、200円につき1WAONポイントが貯まりますが、オートチャージでも200円ごとに1WAONポイントが付与されます。

    つまりWAONポイントが2倍ということです。

    支払口座がイオン銀行でもよいのなら、イオンカード(WAON一体型)よりイオンカードセレクトの方が単純に比較してもお得ということです。



    イオンゴールドカードなら、さらにお得!

    イオンゴールドカード

    イオンカード(WAON一体型)の保有者が所定の条件を満たすと、無料でゴールドカードを発行してくれます。


    イオンゴールドカード会員になると、旅行傷害保険が付いたり、イオンラウンジが利用できるようになったりと、クレジット決済を一切しなくても、ただカードを持ってるだけでメリットとなる特典が満載です。

    【関連】イオンゴールドカードの限定特典を紹介!


    もちろんWAON機能も搭載しているので、電子マネーWAONもチャージすることで利用できます。

    しかも、ゴールドカードになっても年会費が永年無料なので、一度取得すれば、その後は一度もカード利用がなくてもゴールドカードのまま更新されます。

    イオンカード(WAON一体型)でもメリットはありますが、より特典の多いイオンゴールドカードを是非とも目指してもらいたいです。

    取得方法や条件は以下の記事を参考にして下さい。

    【関連】イオンゴールドカードを最短で取得する方法



    WAON POINTサービスにも対応

    WAON POINTカード

    2016年6月23日から新たに共通ポイントサービス「WAON POINTサービス」が利用できるようになりました。

    また種類が増えてややこしいのですが、いわゆるポイントカードです。WAON POINT加盟店での支払い時に、このカード提示すればポイントがもらえます。

    WAON POINTカードには、クレジットや電子マネーの機能はありません。

    TカードやPontaカードと同じとイメージしてもらえればわかりやすいかと…

    付与されるポイント(WAON POINT)は、200円につき1WAON POINTで、次回の支払い時に1ポイント1円として利用することができます。


    従来のWAONカードのポイント(WAONポイント)は、電子マネーWAONに交換してから利用するので、ここが大きな違いです。

    WAONカード


    WAONカードを持っている場合、新たにWAON POINTカードを作る必要はありません。

    「WAON POINT会員登録」をすることでWAON POINTの利用、会員特典や会員サービスも利用可能です。さらに月間WAON POINも付くようになります。

    WAON POINT
    出典:WAON公式サイト


    WAONカードにWAON POINTを紐付けることで、電子マネーでの支払いでよりポイントが貯まりやすくなるということです。



    WAON POINTが貯まるようになるのですが、WAON POINTカードのようにレジでそのままポイントを利用することはできません。

    WAONポイントチャージ
    出典:WAON公式サイト


    あくまでWAONカードは電子マネーカードなので、WAONステーションなどで電子マネーWAONに交換してから利用することになります。

    チャージの面倒は変わりません。



    やはり、イオンカード(WAON一体型)が一番お得です。

    イオンカード

    WAON POINTサービスにも対応したことで、現金での支払いでもイオンカードを提示すればWAON POINTがもらえます。

    また、WAON POINTはそのまま使うことが可能なので、完全にWAON POINTカードの機能を満たしています。

    クレジットカード機能、電子マネーWAONカード機能、WAON POINTカード機能を1枚でまかなうオールマイティーなカードとなりました。


    クレジットカードは嫌だという人でも、カード決済は一切せずに電子マネーWAONカード、WAON POINTカード専用として利用するだけでも十分にメリットがあります。

    年会費も無料なのでコストは一切かかりませんし、WAONカードよりは利用価値が多く、絶対にお得ですよ。

    ただし、カード利用がなければイオンゴールドカードへのステップアップはできませんが…


    お申し込みは公式ページから

    >>イオンカード(WAON一体型)


    >>イオンカードセレクト


    スポンサーリンク


    このページの先頭へ