JCBザ・クラスのグルメサービス「ダイニング30」 対象店舗も順次拡大

JCBザ・クラス ダイニング30

JCBザ・クラスに新たなグルメ優待サービス「ダイニング30」が追加されました。1名分が無料となるグルメ・ベネフィットと違い、グループ利用でも割引対象となるのが特徴です。対象店舗は少なめですが、順次拡大予定となっています。


スポンサーリンク



ダイニング30の利用条件

ダイニング30は、全国の対象レストランで飲食合計代金または、コース料理代金が30%割引きになるグルメ優待サービスです。

利用条件は、事前予約後に専用WEBサイトからクーポン券をプリントアウトし、入店時に提示のうえ、JCBザ・クラスで飲食代金を支払います。


対象カードは、JCBザ・クラスだけでなく、プラチナ、ゴールド ザ・プレミアでも利用が可能です。

特にJCBゴールド ザ・プレミアは、年会費が15,000円(税別)と、JCBザ・クラス、プラチナに比べて断然安いので、グルメ優待サービスであるダイニング30が追加されたことは大きなメリットです。

どの対象店舗で利用するかにもよりますが、1回利用するだけで、ほぼ年会費の元がとれてしまいます。



ダイニング30のメリット

JCBザ・クラスには、グルメ優待としては「グルメ・ベネフィット」があります。対象レストランの所定コースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料となるサービスです。

グルメ・ベネフィットの場合は、3名や5名で利用しても1名分の料金だけが無料となることと、料理も決められたコースメニューとなっています。

対して、ダイニング30の場合は、飲食合計代金またはコース代金が30%引きです。

たとえば、4名で利用した場合でも、4名分の合計金額に対して30%引き、もしくは4名分のコース代金それぞれ30%引きとなります。

すなわち、ダイニング30のメリットとしては、4名以上などグループで利用する場合に向いているということ。それと、好きなメニューを選べるということです。


2人で利用するならグルメベネフィット。単純に半額ですから…

子供と一緒など、家族での利用ならダイニング30が効果的にメリットを感じれると思います。



人数が多いほどお得?

利用人数が多いほどメリットがあるダイニング30なのですが、極端に10名とか20名で利用すれば、グルメ・ベネフィットよりはるかにお得になる気がしますよね。

そこはやはり、対象店舗ごとに適用条件が決められています。

まず、利用人数制限。

2名以上6名までとか、10名までとか上限が決められています。

でも、上限が決められていない店舗もあり。

それと、最高割引額が10,000円までとか24,000円までとか、30%引きでも割引額の上限が決められている店舗が多いです。こちらも上限が決められていない店舗もあります。


5~6名くらいまでが、いちばんお得に割引きを受けることができるって感じですかね。



対象店舗は順次拡大中

ダイニング30 対象店舗例1

ダイニング30 対象店舗例2


2016年3月1日のサービス開始当初は、全国約70店舗が対象でしたが、2017年では90店舗まで増えています。まだまだ少ないですが、順次拡大予定となっていますので、今後が楽しみです。


スポンサーリンク


[最終更新日]:2017年5月9日

このページの先頭へ