ダイナースクラブカードの新デザイン券面がちょっと残念だった

ダイナースクラブ

ダイナースクラブカードは、2016年4月以降からICカード化に伴い、券面も新デザインへと変更。これまでウェブ上でしか見たことがなかったのですが、やっと実物を確認することができました。


スポンサーリンク



更新カードが届きました

ダイナースクラブカード更新

3年ぶりの更新カードです。

この3年のあいだに、カード発行会社がシティカードジャパンから三井住友トラストクラブへ変わりましたし、ICチップも搭載されたので、これまで持っていたカードとは、券面デザインが変更されています。

ダイナースクラブカード更新2


有効期限が2022年までとなっているので、5年間に伸びました。初回と今回の更新カードが届くまで過去2回は有効期限が3年間でした。



新デザインの印象

さっそくダイナースクラブカードの新デザインを確認してみることに。

ダイナースクラブカード更新3

券面を見た第一印象は「う~ん」という感じ。

なんかイラストっぽくて、ちょっと残念です。

表面のクリア塗装がなくなっているのでツヤがなく、高級感が感じられません。個人的には、これまでのメタリックシルバーのほうがよかったです。


これまでの券面デザイン

ダイナースクラブカード更新4


比較して見てみると

ダイナースクラブカード更新5

新デザインのほうは、全体的な色目がシルバーというよりグレーです。


裏面も比較してみます。

ダイナースクラブカード更新 裏面

ほとんど大差ありません。裏面はメタリックシルバーのまま。何でカードの顔ともいうべき表面だけ、グレーになったのでしょうか?

もしかしたら、ICチップが追加されたことで、メタリックの材質だと干渉するのかもしれませんね。


カードを傾けるとダイナースクラブのロゴが浮かび上がるホログラムは健在です。

ダイナースクラブカード更新 ホログラム

これはすごく気に入っています。



ICチップに違和感なし?

ダイナースクラブカード 新デザイン

ICチップが搭載されたことにより、デザイン性に影響してくるのは間違いないです。セキュリティー強化のためですから、これは仕方のないこと。

ただ、ダイナースクラブカードは、ICチップのシルバー色に近い配色なので、そこまで違和感は感じませんね。



券面デザインが変わったとしても、上質なサービス内容になんの影響もありません。

ただ、ゴールドカード以上になってくると、それなりの年会費を払うわけですから、カードフェイスも所持する要素として、こだわりたい部分ではありますよね。


スポンサーリンク


[最終更新日]:2017年5月1日

このページの先頭へ