JCBプレミアムカードとは?どんな種類があり、特典に違いはあるのか

JCBプレミアムカード

JCBのクレジットカードには、JCBプレミアムカードと呼ばれるものがあるのですが、「対象となるカードがどれなのか?」いまいち分かりにくいです。どんな種類があって、また特典に違いなどがあるのか調べてみました。


スポンサーリンク



JCBプレミアムカードとは

JCBカードには、「一般カード」「ネクサス」「ゴールド」「ゴールド ザ・プレミア」「プラチナ」「ザ・クラス」というランクに分かれています。

この中で、一般カードを除いた5つのランクのものが、JCBプレミアムカードです。総称して呼ばれているだけで、単体でJCBプレミアムカードというものが存在しているわけではありません。


ランクの格付けは、最上位のザ・クラスから順に、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア、ゴールド、ネクサスとなっています。

プラチナとゴールドは、名称からランク的にも分かりやすいと思いますが、ザ・クラスとネクサスがちょっと分かりにくいですよね。

ザ・クラスは、JCBカードの中で最上位ランクに位置するもので、プラチナより上位ランクになっていることから、ブラックカードとも言われています。

ただ、VISAやMASTER、アメックス、ダイナースなど他ブランドと比較すると年会費的にはプラチナカードクラスと見るのが妥当です。


次にネクサスですが、20代限定のヤングゴールドカードです。

ただ、現在は新規会員の募集は行なっていません。2003年4月に新規は終了していますので、ずいぶん前の話です。

2009年8月には、ネクサスに代わる「JCB GOLD EXTAGE」という20代向けのヤングゴールドカードが新規に追加され、現在に至っています。


つまり、JCBプレミアムカードとは、JCBカードの中でゴールドランク以上のものを差します。



JCBプレミアムカードの種類

■JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

年会費:50,000円(税別)


■JCBプラチナ

JCBプラチナ法人カード
JCBプラチナ法人カード

年会費:30,000円(税別)


JAL・JCBカード プラチナ
JAL・JCBカード プラチナ

年会費:31,000円(税別)


ANA JCBカード プレミアム
ANA JCBカード プレミアム

年会費:70,000円(税別)


■JCBゴールド ザ・プレミア

JCBゴールド ザ・プレミア

年会費:15,000円(税別)


■JCBゴールド

JCBゴールド

年会費:10,000円(税別)


■JCBネクサス

JCBネクサス


JCB GOLD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGE

年会費:3,000円(税別)



特典やサービスの違い

基本的にランクが上のものほど年会費も高いので、より特典やサービス内容もいいと思って間違いありません。

ただ、JCBプラチナに限っては、対象が3種類あるのと、上位カードのJCBザ・クラスよりも年会費が高いものがありますので、例外的に見ておいたほうがいいです。


JAL・JCBカード プラチナは、年会費が31,000円(税別)と割安ながら、最上位カードであるJCBザ・クラスのプラチナ・コンシェルジュデスク、プライオリティ・パス、グルメベネフィット、JCBプレミアムステイプランなどの主要サービスが利用可能です。

もちろんJCBゴールドのサービスも全て利用できます。

2万5千円相当のプレゼントが毎年もらえる「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」の特典はありませんが、そのぶん初めから年会費が安いので、JAL・JCBカード プラチナはJCBザ・クラスに次いでコストパフォーマンスの高いカードであると言えます。


一方、ANA JCBカード プレミアムは、コンシェルジュサービスやプライオリティパスは付帯されているものの、グルメベネフィット、JCBプレミアムステイプランなどはありません。

年会費も70,000円(税別)とJCBザ・クラスよりも高いので、特典やサービス内容からみて、コスト的に割高感があります。

ただ、JCBザ・クラスでも利用できない「ANA LOUNGE」が無料で利用可能です。通常ならANAのプレミアムメンバーであるか、プレミアムクラスに搭乗するしか利用できないラウンジなので、ANA LOUNGEを利用したい方にはメリットがあります。

提携カードですので、ANAのサービスをメインで利用しない方にとっては、年会費の元を取るのは難しいのではないかと思います。


スポンサーリンク


このページの先頭へ