海外の空港ラウンジが利用できるクレジットカードは?

海外の空港ラウンジ

ゴールドカードには空港ラウンジを無料で利用できるサービスがありますよね。でも、国内の空港ラウンジしか利用できないのがほとんどです。

では、海外の空港でラウンジを利用するためには、どういったクレジットカードを持てばよいのでしょうか?


スポンサーリンク



プライオリティ・パスが付帯されているカードを持つ

プライリティ・パスとは世界400都市で900ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるサービスです。ゴールドカードで利用できる国内の空港ラウンジにはない、軽食やアルコール類なども楽しめます。

世界最大の独立系空港VIPラウンジなので、クレジットカードの所持に関わらず、プライオリティ・パス会員として単体で申し込むことが可能です。


会員カードはこんなのです。

プライオリティ・パス会員カード

これを所持していれば、海外の空港ラウンジが利用できます。


価格は良質なサービスを提供していることもあり、それなりに高額なものとなっています。

プライオリティ・パス価格

ゆえに、プライオリティ・パスの単体で会員になるより、このサービスが付帯されているクレジットカードを持つほうが、断然にお得です。

選ぶクレジットカードにもよりますが、本家の価格より安くなるものもありますし、なにより他の付帯サービスの恩恵を受けることができますしね…



一番お得なカードは?

プライオリティ・パスが付帯されているクレジットカードで一番お得なのは、楽天プレミアムカードです。

楽天プレミアムカード

理由は年会費が最も安いからです。これにつきます。

楽天プレミアムカードに付帯されるプライオリティ・パスの会員ランクは、最上級のプレステージ会員($399)です。世界の空港ラウンジを何度でも無料で利用することができます。

これが10,000円(税別)の年会費で付帯されているわけですから、かなりのコストメリットがありますね。

仕事の関係で出張が多く、海外での空港ラウンジの利用を考えているなら、オススメできるカードです。





他のカードでは、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードも年会費が安いほうですね。

どちらもプラチナカードなので、安いとは言っても楽天プレミアムカードの倍の年会費20,000円(税別)がかかります。

セゾンプラチナアメックス

プライオリティ・パスはプレステージ会員で、同行者料金は1名につき2,000円(税別)かかります。

この同行者料金は、クレジットカードによって違いますので注意が必要です。楽天プレミアムカードの場合だと、3,000円(税別)と割高になっています。


MUFGプラチナアメックス

MUFGプラチナアメックスもプレステージ会員で、同行者料金は1名につき2,000円(税別)です。

ただ、特筆すべき点として、家族会員もプライオリティ・パスを発行できるということがあげられます。

夫婦で海外旅行へ行くことが多いのであれば、2人とも無料で海外の空港ラウンジが利用できるので重宝するでしょう。

MUFGプラチナアメックスの家族カードは、1人目は無料で発行できます。(2人目以降は税別で3,000円)



クレジットカードのみで利用できる

これまで紹介した3枚のカードは、プライオリティ・パスの会員カードを別に発行する必要があるのですが、クレジットカードのみで海外の空港ラウンジが利用できるものもあります。

それはダイナースクラブカードです。

ダイナースクラブカード

年会費は22,000円(税別)と、ちょいとお高いですがプラチナカードクラスのサービスを有した魅力あるカードです。

国内海外を含め、600ヶ所以上の空港ラウンジが利用できます。

プライオリティ・パスの世界900ヶ所以上には劣りますが、クレジットカード単体でこれほどの数の空港ラウンジが利用できるのは他にありません。

家族カードの発行には、5,000円(税別)かかりますが、家族カードでも国内・海外の空港ラウンジが利用できます。

プライオリティ・パスの会員カードと2枚持つ必要がないというのはメリットですね。

>>ダイナースクラブカード



プライオリティ・パスは、通常プラチナカード以上のクレジットカードに付帯するサービスです。

JCBザ・クラスやアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードにも付帯されていますが、年会費が50,000円(税別)以上と高額なので、今回紹介した4枚が比較的に年会費が安くオススメできます。

なかでもゴールカードクラスでプライオリティ・パスのプレステージ会員に入会できる楽天プレミアムカードは特にコストメリットが大きいです。


スポンサーリンク


このページの先頭へ