三井住友VISAゴールドカードは審査が厳しいので下位カードから

三井住友ゴールド140329-1

三井住友VISAゴールドカードへの切り替えの案内が届きました。

ゴールドカードの中では審査が厳しいと言われますが案内状が届けば直接申し込むよりもはるかに取得しやすくなります。


スポンサーリンク


封筒の中には初年度年会費無料専用の三井住友ゴールドカード入会申込書が入っていました。

三井住友ゴールド140329-2

案内状には下の方に小さい文字で「本案内をお届けしたお客様であっても、審査の結果、ご希望に沿えない場合もございますので、予めご了承ください。」と記載されていました。

でも、メインの文面には「ぜひこの機会に、三井住友ゴールドカードへのお切替えをご検討くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」とありましたので、よっぽどの事がない限り審査は通過できるものと思われます。


切り替えてくださいとお願いされているわけですから、厳しい審査ではないことは分かりますよね。



下位カードから取得することで審査も容易に

今回、三井住友VISAゴールドカードの入会申込書を自分から依頼したわけではないのですが、三井住友VISAクラシックカードAを保有していたので案内状が届いたのだと思います。

保有カード一覧


三井住友クラシックカードAは普段の買い物等では全然使用しておらず、インターネット接続のプロバイダー料金のみを支払うように設定していたので毎月4,000円くらいの利用はありました。

以前にニコスゴールドカードを保有していた時も、ほとんど利用していなかったのにMUFGプラチナアメックスのインビテーションが届き、切り替えた経験もあります。


カードの利用実績が少ないと年数はかかりますが、今回のように突然カードの切替えの案内が届いたりします。

普段の買い物でも頻繁にカード利用をしていればもっと早い期間で案内状が届いていたと思います。



三井住友VISAカードは最上位のプラチナカードであっても、直接申込みで取得することが可能です。

でも、いきなり申し込むよりは、まずゴールドカードを取得して利用実績を積んでから申し込んだ方が、審査の難易度はかなり下がります。


ゴールドカードの取得でも同じです。

審査が厳しいと言われますが、直接申し込むのと案内状が届いてから申し込むのでは審査の厳しさは雲泥の差だと思います。

下位カードであるクラシックカードやクラシックカードAを取得してから利用実績を積めば、案内状を待たずに直接ゴールドカードに申し込んだ時でも、その実績がかなり有利に働いてくれるものと思われます。


インビテーション(招待制)でしか取得できないカードは、下位カードで利用実績を積んでインビテーションを待つしかないのですが、直接申し込みが可能であるカードであっても、まず下位カードを取得してから実績を積むことで審査の厳しさを下げる事が可能です。

それなりの属性なのに審査に通らないという方は、まず下位カードを取得して利用実績を積むことをオススメします。



三井住友VISAゴールドカードはステータス性もありますし、「WEB明細書サービス」と「マイ・ペイすリボ」に同時登録することで通常10,000円(税抜)の年会費が4,000円になります。

抜群のコストパフォーマンスを誇るゴールドカードなので取得してみたかったですが、現在保有しているダイナースクラブカードが7,000円も値上げとなってしまったので、せっかく案内状が届いたのですが今回は諦めます。

クレジットカードのことなら、三井住友VISAカードへ


スポンサーリンク


[更新日]:2015年12月21日

カテゴリー:三井住友VISAゴールド

このページの先頭へ