アメックスゴールドカードにも1名無料のグルメサービスが追加!

アメックスゴールド140921

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックスゴールド)にも、ついに1名無料のグルメ優待サービスが追加されました。

年会費は値上げとなってしまいましたが、アメックスゴールドホルダーには嬉しいサービスの拡充ですね。


スポンサーリンク


ゴールド・ダイニング の追加はメリット大

ゴールドダイニング140920-1

アメックスゴールド会員には、2014年9月4日より新たに「ゴールド・ダイニング」と、「グローバル・ダイニング」のグルメ優待サービスが追加されました。


▼ゴールド・ダイニング
国内外の約200店舗の対象レストランにて、所定のコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料となる。

▼グローバル・ダイニング
海外の対象レストランで、利用代金の20%オフをはじめ、アラカルトメニューの中から前菜のサービスや、ボトルワインのサービスなど、各店それぞれのサービスが受けられる。


とくに「ゴールド・ダイニング」の追加はメリットが大きいですね。

2名以上の利用で1名分が無料となるグルメサービスは、普通はプラチナカードに付帯するサービスです。


ダイナースクラブカードにも同様のサービスで「エグゼクティブダイニング」というものがあり、グルメ優待サービスではアメックスゴールドより勝っていたのですが、これで同等レベルになりましたね。

ダイナースの「エグゼクティブダイニング」の対象レストランの店舗数は168店舗で、アメックスゴールドの「ゴールド・ダイニング」は約200店舗なので、アメックスゴールドの方が勝っているように感じますが、国内外となっているので国内と海外の内訳がはっきり分かっていないのと、ダイナースには6名以上で予約すると2名分が無料となるグループ特別プランもありますので、同等レベルとしています。



年会費の元を取るのが容易に!

9月26日以降からアメックスゴールドの年会費は、26,000円(税抜)から29,000円(税抜)と3,000円の値上げとなりますが、「ゴールド・ダイニング」は半年に1回の利用が可能なので、このサービスを年に2回利用すると、年会費の元を取ることが容易になります。

レストランのコースメニューとなると、安くても1万円くらいはしますので、年に「ゴールド・ダイニング」を1回でも利用すれば1万円は得することになり、年会費が3,000円アップしても、それ以上のメリットを出すことが可能で逆にお得になりますよね。

本来ならもっと値上げの金額が大きくてもおかしくない内容です。



私も保有しているJCBザ・クラスはプラチナクラスなので、同様のグルメサービスで「グルメ・ベネフィット」があるのですが、JCBゴールドカードには、当然付帯されていません。

ただ、有料になるのですが申し込めばJCBゴールドにも「グルメ・ベネフィット」を付けることが可能です。

その価格というのが年会費で20,000円(税抜)もします。JCBゴールドの年会費は10,000円(税抜)ですから、合計で30,000円になってしまいます。


何が言いたいのかといいますと、今回アメックスゴールドに追加された「ゴールド・ダイニング」は単体だと2万円くらい価値のあるもので、それを3,000円のアップで利用できるようになるわけですから、年会費が値上げになったとしても利用次第ではコストメリットは大きいということです。


ちなみにJCBゴールドに「グルメ・ベネフィット」を追加できるサービスは、2015年3月31日(火)をもってサービスの提供を終了することになっています。

やはりグルメサービスの追加だけで、さらに2万円も年会費を払うのは人気がなかったのでしょうか?



最後に

ダイナースも今年の6月から年会費の改定があり、7,000円も上がったのですが、追加されたサービスといえば、空港パーキングサービスと手荷物宅配サービスのみです。

それに比べてアメックスゴールドは、今回紹介したグルメ優待サービス以外にも家族カードが1枚無料になったり、プライオリティパスの内容が良くなったりと、そのほかにも様々なサービスが拡充となっており、この内容だったら3,000円の値上げでも私だったら納得できます。

ダイナースがまた年会費の差が開いたことで、たいしたサービスの拡充もなしに、ただ追従するだけの値上げをしなければいいのですが・・・



アメックスゴールドは、年会費改定後は29,000円(税抜)とゴールドカードの中では、一番高い部類に入りますが、今回のサービス拡充でダイナースと同様にプラチナ級のサービスを有したカードとなりました。

取得するにはハードルが上がりましたが、現時点では最強のゴールドカードには間違いありませんね。


スポンサーリンク


[更新日]:2015年12月21日

カテゴリー:アメリカンエキスプレスカード

このページの先頭へ