イオンゴールドカードでクレジット払いとWAONではどっちがお得なのか?

イオンゴールドカード

イオンゴールドカードで買い物をするとき、クレジット払いと電子マネーWAONで支払うのと、どっちがお得なのかまとめてみました。ポイント面ではノーマルのイオンカードとサービスに違いがありませんので、イオンカード(WAON一体型)で説明します。


スポンサーリンク



付与されるポイントで比較した場合

イオンカード支払

イオングループ対象店舗なら、クレジット払いがお得です。

ときめきポイントがいつでも2倍なので、200円(税込)ごとに2ポイントもらえます。WAON POINTの価値に換算すると2WAON POINT相当です。


電子マネーWAON支払い

対して、電子マネーWAONで支払った場合は、200円(税込)で1WAON POINTと月間累計利用金額500円(税込)ごとに1WAON POINTがもらえます。

単純に比較してみても、イオングループ対象店舗の場合は、クレジット払いのほうが付与されるポイントがお得ということです。


でも、イオングループ対象店舗以外のWAON POINT加盟店なら、今度は逆に電子マネーWAONで支払ったほうがお得になります。

クレジット払いだと、ときめきポイントが1ポイントしかもらえないからです。


以上のように、付与されるポイントで比較した場合は、利用する店舗によって、クレジット払いと電子マネーWAON払いのどちらがお得かは変わってきます。

現状では、WAON POINT加盟店ならイオングループ対象店舗でもあることが多いです。よってクレジット払いがお得ということになりますが、どの店で買い物をすることが多いかで決めるとよいでしょう。



ポイント利用で比較した場合

クレジット払いでためた、ときめきポイントは様々な商品に交換したり電子マネーとして利用できるWAONポイントに移行することが可能です。

ただ、WAONポイントへ移行する条件として、1,000ポイント以上500ポイント単位となっているので、それなりにためてからでないとポイントを利用することができません。

イオンのお買い物ポイント「WAON POINT」へ移行する場合も、同様に1,000ポイント以上500ポイント単位です。


WAON POINT

WAON POINTは、1WAON POINTを1円として、次回の買い物から利用することができます。電子マネーのチャージも1WAON POINTが1WAONとして利用可能。

つまり、ポイントの使い道で考えた場合は、クレジット払いより電子マネーWAONで支払ったほうが、お得というか使い勝手がいいのです。



イオンゴールドカードの特典を活用する場合

イオンゴールドカードには、限定特典としてショッピングセーフティ保険があります。

クレジット払いで購入した商品(1商品5,000円~300万円)が、破損や盗難など偶然の事故により損害があった場合に購入日から180日間、年間300万円まで補償してくれる特典です。

電子マネーで支払った場合は、当然ながら破損や盗難に遭っても、損害補償はありません。

クレジット払いがお得というより、安心できるということです。

イオンゴールドカードを持っているなら、特典をフル活用する意味でも、クレジット払いにしましょう。購入する商品にもよりますが…



以上、明らかにコッチがお得とは言い切れませんが、もらえるポイントを重視するならイオングループ対象店舗かどうかで判断するのがよいかと思います。

ただ、電子マネーのよいところは、缶ジュース1本買う時でも気軽に決済できるところです。クレジット払いか電子マネー払いかのどちらか限定して利用するより、小さな買い物で電子マネー払いでWAON POINTをためて、大きな買い物ではクレジット払いでときめきポイントをためるというのが、いちばんシックリくるような気がします。

【関連記事】WAONカードよりイオンゴールドカードを目指した方が絶対お得という話


スポンサーリンク


[更新日]:2017年4月24日

カテゴリー:イオンゴールドカード

このページの先頭へ