シティプラチナカードの券面デザインもかっこいい!

シティプラチナ画像リニューアル

シティプラチナカードの券面デザインがリニューアルされてかっこよくなりましたね。

2013年11月16日(土)にリニューアルが行われて、券面デザインの変更だけでなくポイント付与率や国際線手荷物無料サービスも改善されています。


スポンサーリンク


カード名称も以前は「シティセレクトVISAプラチナカード」だったのが、「シティプラチナカード」となりましたので、とてもスマートな名称になりました。


今回の券面デザインの変更で私的にはすごくかっこよくなったと思います。

シティプラチナ画像旧

  ↓↓↓↓

シティプラチナ画像新


元々イラスト的なものが無くてロゴのみのデザインなので好みは分かれると思いますが、斬新です。

世界でも認知度の高いシティグループだからこそロゴのみで良いのだと思います。


背景の柄と磁気ホログラムが無くなっただけで、だいぶ印象が変わりましたね。

磁気ホログラムに関しては、JCBザ・クラスの券面リニューアルの時でもスッキリして高級感が増した印象と書きましたが、こうやって別のカードでも比較して見てもやはり高級なカードに見えてしまうので不思議です。

ステータスの高いアメックスやダイナースが表面に磁気ホログラムを配していないので、そういうイメージが付いているのかも知れませんね!


背景柄もなくなってロゴデザインの色がシルバー系になったので、よりロゴが強調されるようになって暗いイメージだったのが明るくなってよいと思います。


右上にも当然のようにシティのブランドロゴが配置されています。

このブログでも何回か書いたのですが、ダイナースクラブカードにこのロゴが入ってしまうのがどうも違和感しかないんですよねぇ。

ダイナースもシティグループなんで仕方ないのですが・・・

ただシティプラチナカードには当然ですが違和感なくバッチリ似合っています。


クレジットカードはスペックが重要なのですが、プラチナカードくらいになってくると年会費もそこそこ払うようになるので、券面デザインも気に入ったものを持ちたいですよね。

VISAブランドのプラチナカードであれば私はシティプラチナカードが欲しいです。



それにしても年会費(税別35,000円)が据え置きなのは安心しました。

アメックスのプラチナカードが税別で100,000円から130,000円に値上げとなったときは、ちょっとビックリしましたので・・・

年会費が10万円以上のカードはさすがに経済的に持てませんが、あまり値上げが続くと他のプラチナカードも追随して、全体的に上がる傾向になってしまうのも困りものですからね。


年会費は据え置きのままで、券面だけでなくサービスの一部も改善されたので、また一段と魅力を増したのではないでしょうか。

シティプラチナカードのサービス内容などについても今後紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク


[更新日]:2015年12月21日

カテゴリー:シティプラチナカード

このページの先頭へ