年会費の安いプラチナカードならJCBザ・クラスがオススメ!

JCB THE CLASS

クレジットカードでもプラチナカードとなると、それなりに年会費が高額になってきますよね。JCBの最上級カードであるJCB THE CLASS(ザ・クラス)なら、毎年のプレゼント還元により、実質の年会費は思っているよりも安いのでオススメです。


スポンサーリンク



メンバーズセレクションによるプレゼント還元

JCBザ・クラスには、年に一度「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」という、商品カタログの中から好きなものを一つプレゼントしてもらえる特典があります。

ザ・クラス メンバーズ・セレクション

掲載されている商品の価格帯は20,000~25,000円くらい。JCBザ・クラスの年会費が50,000円(税別)ですから、差し引くと実質30,000円です。

プラチナカードの年会費としては安いほうだと思います。



JCBザ・クラスがオススメの点

JCBザ・クラスのライバルカードとして、年会費が同じ5万円の三井住友プラチナカードがあります。



このカードにもメンバーズセレクションがあるのですが、選べるプレゼントの対象にプライオリティ・パスも含まれています。

プライオリティ・パスとは、海外の空港ラウンジが利用できるサービスで、プラチナカードの代表的な特典の一つです。

三井住友プラチナカードの場合は、このプライオリティ・パスを選ぶと、他のプレゼントはもらえません。

でも、JCBザ・クラスならプライオリティ・パスは単独の特典として付帯されていますので、メンバーズセレクションのプレゼントと毎年両方の特典を受けることができ、お得なのです。


また、アメックスプラチナ、ダイナースプレミアムには、誕生日プレゼントの特典がありますが、好きな商品を選ぶことはできません。すべての会員に同じものがプレゼントされます。そもそも年会費が、どちらのカードも13万円ですから、安いプラチナカードの選択肢には入ってこないですけどね。



どのような商品が選べるのか

厳選ギフトコースとエンターテインメント&トラベルコースがあり、家電やグルメ、旅行券などが選べます。よくあるカタログギフトのイメージですね。

メンバーズセレクション一例

メンバーズセレクションカタログ

例えば、JCBトラベルクーポンなら2万5千円分なので、他に掲載されている商品もそこそこ良いものが選べます。ただ、全体的に種類が少ないが残念です。



プラチナカードなので取得ハードルは高い

JCBザ・クラスは最上級カードだけあって、取得するにはインビテーション(招待状)をもらう必要があります。まず、JCBゴールドを取得し、クレジット利用実績を積まなければならないので、ハードルは高いです。

ゴールドカードまでなら、直接申し込めるものが多いのですが、プラチナカードとなると、取得までにある程度の期間が必要になります。

【関連】JCBゴールドは国内加盟店数No.1を誇るサービス満点のT&Eカード



もっと年会費の安いプラチナカードなら

プレゼントで還元してくれると言っても、年会費5万円は高い。プレゼントなんかいらないから、初めから安いほういい。

そんな方には、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをオススメします。年会費は2万円(税別)で、サービスも充実していますし、オンラインで直接申し込みが可能ですので、取得のハードルも低いですよ。


スポンサーリンク


[更新日]:2017年4月24日

カテゴリー:JCBザ・クラス

このページの先頭へ