JCBゴールドの家族カードは支払口座を分けることが可能です。

JCBゴールドカード

JCBゴールドの家族カードが届きました。JCBザ・クラスの突撃取得のために、嫁さんにも協力してもらうつもりです。

私のこづかいだけでは、年間100万円の利用実績は達成できそうにありませんからね…

良好なクレヒスが積めるかは、嫁さんにかかっています。


スポンサーリンク



家族カードの支払い方法は2種類

通常、JCBゴールドの家族カードは、本会員支払い型です。

家族カードの利用分も本会員が指定した支払口座から引き落とされます。つまり、支払口座は共通ということになり、利用金額もポイントも合算されるということです。

極端な話、家族カードだけを利用し続けても本会員の実績になります。


でも、どうしても家族カードとの支払口座を分けたいのであれば、利用者支払い型を選ぶことで可能です。

ただ、本会員支払い型家族カードの年会費は、1名無料(2人目より1,000円+税)なのに対し、利用者支払い型家族カードは、1人目より3,000円(税別)の年会費がかかります。

ポイントも合算ではなく、別々の集計です。

カードの年間利用金額によって最大70%のボーナスポイントが付与されるメンバーシップサービス「JCB STAR MEMBERS」も別々に集計されます。

すなわち本会員と家族会員が別々にJCBゴールドに申し込んだような感じですかね。



ポイントなどが分散されてしまうデメリットはありますが、支払口座を分けたいのであれば利用者支払い型を選んでください。

私の場合、嫁さんにカード利用実績を積み上げてもらわないといけませんので、家族カードは通常の本会員支払い型です。年会費も無料ですしね…


スポンサーリンク


[更新日]:2016年7月15日

カテゴリー:JCBゴールド

このページの先頭へ