楽天プレミアムカードの特典で一番の魅力はプライオリティ・パス

楽天プレミアムカードのプライオリティ・パス

楽天プレミアムカードは、特典として世界中の空港VIPラウンジが利用できるプライオリティ・パスに無料で登録することができます。

最も高いプランであるプレステージ会員(通常年会費399ドル)に、楽天プレミアムカードの年会費10,000円(税別)を払うだけで入会できるわけですから、特典の中でも一番の魅力と言ってもよいのではないでしょうか。


スポンサーリンク


最安値のプライオリティ・パス

プライオリティパス

プライオリティ・パスは、通常プラチナカード以上に付帯する特典の一つです。

プラチナカードの中でも年会費が安くて人気のある「MUFGプラチナアメックス」や「セゾンプラチナアメックス」は、ともに年会費が20,000円(税別)ながら、プライオリティ・パスが付帯されているので、とてもコストパフォーマンスに優れています。

楽天プレミアムカードは、さらにその半額ですから、かなりのコストメリットです。


プライオリティ・パスの会員になりたい場合、単体で申し込むと年会費で約4万円もかかるわけですから、ほとんどがクレジットカードに付帯する特典を利用していると思います。

プラチナカードには、他にも様々な優待サービスが付いていますが、プライオリティ・パスの特典だけが目的なら、年会費が最安値の楽天プレミアムカード一択です。



単身で海外へ行く人に最もオススメ!

楽天プレミアムカードは、プライリティ・パスを利用する人にとっては、最もコスト的にお得なカードなのですが、ゴールドカードとしてのスペックは他よりも劣る部分もあります。

プライオリティ・パスを利用するいうことは、海外に行く機会が多い人ということになりますが、海外旅行保険の内容も気になるところですよね。

そこで、年会費が同じ10,000円(税別)のJCBゴールドと比較してみました。

楽天プレミアムカード 海外旅行保険


JCBゴールドは、ゴールドカードの中でも最高レベルの旅行保険内容です。比較してみると死亡・後遺障害と賠償責任の補償額においては、楽天プレミアムカードのほうが大きく劣っています。

ただ、海外旅行中に、一番お世話になりそうな保険の携行品損害や傷害・疾病の治療費は、JCBゴールドと同等の補償額です。

また、多くのゴールドカードには家族特約が付いているのですが、楽天プレミアムカードには付いていません。

配偶者であれば、家族カードを発行することで保険適用の対象者とすることができますが、年会費500円(税別)が必要です。JCBゴールドのように、家族カードは1名までは無料というのが一般的ですので、これはデメリットですね。

18歳未満の子どもについては、家族カード自体が発行できないので、保険適用の対象者となりません。


家族で海外旅行へ行くことが多いという人には、家族特約は重要な要素となりますので、楽天プレミアムカードだと、家族分は旅行時に保険を掛けるか、他の家族特約も付いたクレジットカードも併用する必要があります。

ですから、楽天プレミアムカードは仕事での出張など、単身で海外へ行くことが多くて、空港VIPラウンジを利用したい人に最もオススメできるカードといえます。

JCBゴールドは、旅行保険は充実していてもプライオリティ・パスの特典はありません。



まとめ

楽天プレミアムカードは、他と比べてスペックが劣る部分もありますが、プライオリティ・パス提携のクレジットカードの中では年会費が最安値となりますから、足りないサービスの部分を他のカードと併用しても比較的に年会費が安く済みますので、複数のカードとの組み合せもオススメです。

複数クレジットカードを持っていれば、海外旅行保険も死亡・後遺障害は、一番高い補償額が適用されますが、それ以外の補償額は合算されますから、低い補償額でも補うことができますしね。


楽天プレミアムカードは、直接申し込みが可能なカードです。

» 楽天プレミアムカード


スポンサーリンク



[更新日]:2019年5月30日

カテゴリー:楽天プレミアムカード

このページの先頭へ