ゴールドカードの特典で使える空港ラウンジとプライオリティ・パスの違い

プライオリティ・パス

多くのゴールドカードには、特典として空港ラウンジサービスが付帯されていますが、プラチナカードなど高級なクレジットカードに付帯されるプライオリティ・パスとは何が違うのでしょうか。私も初めは勘違いしていたこともありましたので、簡単にご紹介しておきます。


スポンサーリンク



プライオリティ・パスは世界中の空港ラウンジが利用可能

ゴールドカードの特典である空港ラウンジとプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジとの一番の違いは「国内のみでの利用か海外でも利用できるか」です。


空港ラウンジには大きく分けて2種類あります。

・カードラウンジ

・航空会社ラウンジ



カードラウンジは、クレジットカードの発行会社が契約して運営している空港ラウンジです。ゴールドカードの特典として提供しているものが、これに相当します。

原則として、国内の空港ラウンジを無料で利用することが可能。つまり、海外の空港ラウンジは利用できないのです。


航空会社ラウンジは、空港または航空会社が運営している空港ラウンジのことで、ファーストクラスやビジネスクラスに搭乗する上級クラス向けのラウンジです。カードラウンジよりもサービスの質がよく、プライオリティ・パスはこちらに相当します。

プライオリティ・パスは、世界130か国500都市100か所以上のラウンジが利用可能。つまり、海外でも空港ラウンジが利用できるのです。



私が勘違いしていたこと

私も初めは、プライオリティ・パスと通常の空港ラウンジサービスの違いがあまりよく分かっていませんでした。


■プライオリティ・パスは豪華なラウンジだと思っていた

プライオリティ・パスで利用できるラウンジは、ゴールドカードで利用できるラウンジに比べて、ちょっと豪華なラウンジという感覚でした。

広いとか、イスやテーブルが豪華とか…


これについては、厳密には正しかったです。

カードラウンジでもフリードリンクサービスや新聞・雑誌閲覧が可能なので、休憩場所として十分なのですが、プライオリティ・パスで利用可能なラウンジだと、シャワーやアルコールの提供、軽食サービスなども無料です。

ロンドンラウンジ

カードラウンジだと、シャワーやアルコールは有料ですし、おつまみくらいは食べれますが、食事をすることはできません。

ちょっと豪華ではなく、サービスの質が明らかに違います。


■プライオリティ・パスは国内でも利用可能だと思っていた

国内でも大半の空港でプライオリティ・パスのラウンジがあると思っていました。世界中で利用が可能なのですから、当然国内でも利用できるのですが、以下の4つの空港だけです。

・成田空港
・関西国際空港
・中部国際空港
・福岡空港


大半の国内空港で利用できるわけではないんです。

国内に限っては、ゴールドカードの特典である空港ラウンジサービスのほうが、圧倒的に多くの空港で利用できます。

プライオリティ・パス単体で会員になるには年会費があまりにも高額です。クレジットカード経由で申し込む場合がほとんどだと思いますので、国内で空港ラウンジサービス、海外でプライオリティ・パスを使えば、どこでもラウンジが利用できるということになります。



飛行機は国内線しか乗らないという方には、プライオリティ・パスのメリットはあまりないと思いますが、国際線で海外を飛び回る方にとってはメリット十分です。


スポンサーリンク


[最終更新日]:2017年8月2日

このページの先頭へ