ダイナースプレミアムのインビテーションが届いた。でも取得は見送り

ダイナースプレミアム140808-1

ダイナースプレミアムカードのインビテーション(招待状)が突然届きました。ちょっとビックリです。

取得する予定はありませんが、ほとんどダイナースで決済してなかったのにインビテーションが届いたのは意外でしたね。


スポンサーリンク



ダイナースプレミアム140808-2

さすがダイナースプレミアムだけあって封筒も高級な感じです。


ダイナースプレミアム140808-3

こちらは裏面です。


ダイナースプレミアム140808-4

封筒を開けてみると、中にも同じようなデザインのものが入っていました。


ダイナースプレミアム140808-5

さらに開いてみると、内側に「本物を手にする出逢いへ―。ダイナースクラブ プレミアムカード」の文字があります。



ダイナースプレミアム140808-6

中にはダイナースプレミアムのサービスを簡単に紹介したパンフレットや切替申込書などが入っています。



ダイナースプレミアム140808-7

プレミアムカード会員だとコンシェルジュサービスが付くようですね。


ダイナースクラブカードでもプラチナ級のサービス内容なのですが、さすがに年会費が22,000円(税抜)でコンシェルジュサービスまでは付帯されていません。

ダイナースでコンシェルジュが欲しいと思ったら、プレミアムカードを取得しないといけないので、ノーマルカードとプレミアムカードの間にコンシェルジュサービスが付帯されたランクのカードがあればいいのですけどね。

 
ポイントプログラムは「プレミアム・ボーナスポイントプログラム」となり、通常ポイントとは別に100円ごとに+1ポイントが付くようです。

つまり、ノーマルのダイナースクラブカードよりポイントが2倍になるということです。
  


ダイナースプレミアム140808-8

ブラックカード級の付帯サービスはどんなものかと期待しましたが、パンフレットに載っていたサービスは一例とのことですが、どれもプラチナカードでもあるものばかりでした。

グルメ優待サービスの「プレミアム エグゼクティブ ダイニング」は、ノーマルのダイナースクラブカードより利用できるレストランの店舗数が多いみたいですが、「2名以上の利用で1名分が無料」や「半年間で1店舗につき1回まで利用可」など基本的に同じみたいです。



インビテーションが届くまでの期間

ダイナースプレミアム140808-9

本当に今回はダイナースプレミアムのインビテーションが突然届いたので驚きました。ほとんど利用していなかったので、まさかインビテーションなんか来るとは思っていなかったからです。

JCBザ・クラスを突撃取得するためにJCBゴールドカードに集中して決済したり、その後もイオンゴールドカードを取得するために1年間はイオンカードばかりで決済していた年もありました。

また、それ以外でも土日3倍などポイントがより多く貯まるシティリワードカードをよく利用していましたので、ダイナースを利用する機会がほとんどなかったです。

ダイナースで一番決済が多かったのは、カードを取得した年で、それでも年間で10万円も決済していないと思います。それ以降もグルメサービスを利用するくらいでしたので、年間で5万円以内でした。

このブログをスタートしたのが、ダイナースクラブカードに申込みをしたところからで、過去の記事を見てもらえればわかりますが、ダイナースが利用開始となったのが2011年の3月8日でしたので、3年と5ヶ月目でプレミアムのインビテーションが届いたことになります。

結構な期間が掛かってはいますが、ダイナースをほとんど利用してなくてもインビテーションが来ることがわかりました。年間で100万円以上カード利用があれば、結構早くにインビテーションが届くのではないでしょうか。



ダイナースクラブプレミアムカードは、今年の4月から年会費が130,000円(税抜)に値上げされています。

それまでの100,000円であったとしても、さすがに高額なので今回は申し込みはせずに見送りです。

せっかくインビテーションが届いて取得できるチャンスではあったのですが、JCBザ・クラスは手放したくはないですし、この年会費では複数カードを所持するには厳しいです。

次はいつインビテーションが来るのか分かりませんが、いつかはダイナースプレミアムも持てるようになりたいものです。


スポンサーリンク


[更新日]:2015年12月21日

カテゴリー:ダイナースプレミアムカード

このページの先頭へ